時事ネタ

【顔画像】井ノ口忠男理事の経歴wiki|日大を巣食う姉や息子の存在も闇すぎる…

日本大学の付属病院の建て替え工事をめぐる事件。

背任容疑で日大理事の井ノ口忠男容疑者(64)と医療法人前理事長の籔本雅巳容疑者(61)が逮捕されました。

今回は、日大理事である井ノ口忠男容疑者についてまとめました。

日本大学の医学部付属板橋病院の建て替え工事で2億円超が流出

「日本大学事業部」での家宅捜索 https://news.yahoo.co.jp/「日本大学事業部」での家宅捜索 https://news.yahoo.co.jp/

今回の事件は、日大の病院の建て替え工事において、2億2000万円ほどを不正に流出させたとして日大の理事と医療法人の前理事長が逮捕されています。

日大理事の井ノ口忠男容疑者(右)と医療法人「錦秀会」前理事長の籔本雅巳容疑者(左)日大理事の井ノ口忠男(右)と医療法人「錦秀会」前理事長の籔本雅巳(左)

詳細を時系列で見ていきます。

  • 2019年12月:日大は病院の建て替え工事の業務について、日大理事の井ノ口忠男が取締役の子会社「日本大学事業部」に委託
  • 2020年4月:「日本大学事業部」に対し、日大は24億4000万円で契約
  • 2020年7月:一部の約7億3000万円を「日本大学事業部」に支払い
  • 2020年8月:2億2000万円を、「日本大学事業部」から医療法人グループ前理事長の籔本雅巳が全額出資した実体のないペーパー会社に送金
  • 2020年9月:医療法人グループの関連会社から、井ノ口忠男理事の知人側のコンサルタント会社に6600万円の送金
  • 2020年11月:上記6600円のうち、3000万円は知人側の別会社に移され、知人はこのうち計2500万円を井ノ口忠男理事に手渡し

2億2000万円の事実上の分け前として、井ノ口忠男理事個人も利益を得た疑いが持たれています。

さらに、井ノ口忠男理事は別のルートで現金を受け取った疑いもあるそうです。

医療法人前理事長の籔本雅巳容疑者に関してはこちらの記事をご覧ください。↓

籔本雅巳の経歴|大阪大学出身の敏腕経営者!安倍晋三と家族ぐるみの付き合い!
籔本雅巳の経歴|大阪大学出身の敏腕経営者!安倍晋三と家族ぐるみの付き合い!日本大学の付属病院の建て替え工事をめぐる事件。 背任容疑で日大理事の井ノ口忠男容疑者(64)と医療法人前理事長の籔本雅巳容疑者(6...



日大理事の井ノ口忠男容疑者の顔画像や経歴

日大理事の井ノ口忠男容疑者の顔画像https://stat.ameba.jp/
  • 名前:井ノ口忠男
  • 年齢:64歳(2021年10月現在)
  • 学歴:日本大学アメフト部OB

日大アメフト部OBの井ノ口氏。

井ノ口氏は、アメフト部の内田正人元監督の後輩です。

※内田正人元監督は、日大悪質タックル問題で選手に指示していた監督であり、のちに監督を退職しています。

井ノ口氏は、10数年前、内田元監督を通じて日大のトップ・田中理事長を紹介されました。

井ノ口氏は田中理事長の妻が経営する東京・阿佐谷のちゃんこ屋の近くのマンションを購入し、アメフト部員を引き連れて店に通い、売り上げに貢献していたそう。

理事長にも頭が上がらないといわれる妻に気に入られた井ノ口氏は、

2010年に日大が100%出資して設立した「日大事業部」の立ち上げに関わることになります。

そこから背任の容疑で逮捕されるまでの、彼の策士とも言える経歴を見ていきたいと思います。

ゴルフ会社を設立

2003年、大阪でゴルフ関連の会社「チェススポーツ」を設立。

HPもあったようですが、今はHP自体を削除されてクリックしても「Not Found」となります。

チェススポーツ 井ノ口忠男

「チェススポーツ」では、トーナメントの運営に関わり、広告代理店を営む実姉とともに大会の窓口になっていたそうです。

2人は大会スポンサーを務める大阪のレジャー関連会社の経営者に食い込み、タイガー・ウッズのチャリティーマッチを手掛けるなど、実績を残してきました。

「チェススポーツ」も姉の経営する広告代理店も順調に業績を伸ばし、

井ノ口氏は北新地の近くに7階建ての自社ビルを所有。

お姉さんの会社もリーガロイヤルホテルなどが立ち並ぶ中之島のオフィスビルの高層階に事務所を構えるなど、急成長していきました。

井ノ口忠男の姉は橋本稔子

姉の名前は橋本稔子 エルフエージェンシーTwitterより引用

ちなみに、お姉さんの名前は、橋本稔子さん。

広告代理店は「エルフエージェンシー」という会社だそうです。

スポンサーとの関係悪化をきっかけに日大へ

捕まった2人と田中理事長(手前)

ところが数年前、井ノ口氏とスポンサーの関係が悪化。

契約が更新されなくなってしまいます。

そこで次に目をつけたのが日大でした。

日大の評議員だった井ノ口氏は、大学外部から物品を調達する「日大事業部」を実質取り仕切っていました。

2015年に約16億円だった事業部の売り上げは2017年に約70億円まで跳ね上がります。

この井ノ口氏の貢献が、日大のトップ田中英寿理事長に認めらました。

井ノ口氏の貢献が田中英寿理事長田中英寿理事長

2017年、日大の評議員になったばかりの井ノ口氏は、いきなり理事に抜擢されたのです。

ここでも、姉の存在は大きかったようです。

お姉さんは、田中理事長の妻・優子夫人に気に入られており、お姉さん自身も日大の広報・宣伝を任されるまで食い込んでいます。

今回一緒に逮捕されら医療グループ理事長の籔本雅巳氏は井ノ口氏の昔からの知人で、優子夫人に彼を紹介したのもお姉さんでした。

その縁で籔本雅巳氏は、田中理事長が元監督だった日大相撲部の後輩にあたる力士、遠藤の後援会会長に就任しています。

さらに田中理事長とともに、日本相撲連盟の副会長を務めています。

悪質タックル問題で理事辞任するもすぐに返り咲き

日大アメフト悪質タックル問題

2018年に「悪質タックル問題」が起きた際、井ノ口氏は反則行為をした選手と父親に対し、タックル指示の口封じを図っています。

「(従わない場合は)日大の総力を挙げてつぶしにいく」と恫喝し、同年7月に責任を取って理事を辞任しています。

悪質タックル問題とは?

アメフトの日本大学フェニックスと関西学院大学ファイターズの試合中に、日大の選手が過度のラフプレーを行い、関学大の選手を負傷させた問題。

当事者である日大の宮川泰介選手は「内田監督と井上奨コーチから反則行為を指示された」と会見で語っています。

理事を辞任したにもかかわらず、その後、日大事業部に復帰。

2019年12月に役員に就任し、2020年9月には大学の理事にも返り咲いています。




井ノ口忠男の息子も日大に関わり

井ノ口氏には子供が2人いらっしゃるそう。

  • 長男:井ノ口悠剛(いのぐち ゆうご)
  • 次男:井ノ口清剛(いのぐち せいご)

長男は、田中理事長の運転手・ボディガードをしていたそうです。

また、日大アメフトコーチもやっていたそうで、当時有望選手だった有輪選手を3年生になったらレギュラーから外したとの情報も。

また、 次男はアサヒビールシルバースターに所属するアメフト選手。

井ノ口忠男の息子 井ノ口清剛 アメフト選手次男の井ノ口清剛選手 Facebookより引用

次男は、大産大付高時代に日本一を達成し、日大に入学。

1年生の時からWRとしてファーストチームに入り、試合で活躍しました。

しかし、その後はあまり活躍することはできず、日大では2軍へ。

現在は、アサヒビールシルバースターで選手として活動されています。

井ノ口忠男の息子 井ノ口清剛 アメフト選手https://www.asahibeer.co.jp/silver/member/wr.html



まとめ

今回は、背任の疑いで逮捕された、日大理事の井ノ口忠男氏についてまとめました。

かなり策士だったようで、このような事件を起こさなければ、日大のトップにまで上り詰めることができそうな方でしたよね。

目の前のお金に目が眩んでしまったのでしょうか。

日大はかねてから問題の多い大学のイメージがあります。

そのイメージはなかなか払拭できなさそうですね。