バチェラー

松本妃奈子wiki経歴と学歴|飛び級で東北・千葉大学へ!ドコモ勤務後は社会学者!

2021年11月25日から、バチェラー・ジャパンの新シリーズが配信開始となります!

今回で第4シーズンとなるバチェラー。

ひときわ目を引くのが「社会学者」の肩書を持つ女性。

今回は、バチェラーシーズン4参加者、松本妃奈子さんについて紹介します!

松本妃奈子wikiプロフィール

松本妃奈子wikiプロフィールInstagramより引用
  • 名前:松本妃奈子(まつもと ひなこ)
  • 愛称:ひなっぴ
  • 生年月日:1992年9月21日(2021年10月現在29歳)
  • 出身地:京都
  • 学歴:東北大学教育学部、千葉大学大学院人文社会学科
  • 職業:家族社会学者、家族コンサル業
  • 趣味:ゴルフ

職業欄には「社会学者」という、常人にはあまり馴染みのない文字列が並び、

キャッチコピーは「愛は、思想を超えるのか」と、これまたいかにもな感じの物である松本妃奈子さん。

この時点で一癖も二癖もありそうな、一筋縄でいかなさそうな人物だなぁという印象を受けますが……

「こう見えて日本で一番賢いでーす」と自称するほどの才女なのだとか!

松本妃奈子 社会学者https://twitter.com/hinako_gender

流石にそれは冗談のようですが、本気で言っていても思わず信じてしまうような経歴をお持ちだったんですね。

15歳の時にはご実家を出て、理系の高校へ。

その後、高校3年生の時に飛び級で東北大学に入学、千葉大学大学院に進学。

そして現在は社会学者として活躍されています!

”飛び級”なんて日本では聞き慣れないですよね…。




松本妃奈子の学歴|高校3年生で東北大学に飛び級入学!

松本妃奈子の学歴|高校3年生で東北大学に飛び級入学!https://twitter.com/hinako_gender

さて、17歳(高校三年生進級の年齢時)の時に東北大学に入学した松本さん。

仙台市に位置する東北大学は、国立大学であることから察される方もいるかもしれませんが、

近年でも「世界大学ランキング」で国内3位だの5位だのにランク付けされるエリート校

そんな学校に、いわゆる「飛び級」で入学しているんですね。

現代日本で実際にあり得る物なんですね…!

東北大学は外国人留学生の受け入れなども行っていることから「年齢」に対する縛りが緩いのかもしれません。

もちろん、入学にはそれ相応の実力が要されますが、やはり恐るべき経歴と言えるでしょう。

優秀卒業論文に選ばれる

入学して以降も松本さんは研鑽を積まれたのでしょう。

卒業論文「ドイツの教育スタンダード政策――『PISAショック』と学力の標準化に着目して」

が2013年度の優秀卒業論文に選ばれてのだとか。

タイトルだけ見てもなんのこっちゃ分からない……

PISAショックからして知らない単語なのですが、そこに着目して論文を書くというところからして博識さが感じられます。

なぜここまで頭がいいの?

子供の頃から身体が弱かったという松本さん。
長期入院をしていた時期もあったそうです。
病院の中にある学校に通っていてそこで勉強が好きになったのだとか。
「勉強が楽しい」なんて思えることがすごいですよね…!




松本妃奈子の学歴|千葉大学大学院へ進学しNTTドコモで研究!

松本妃奈子の学歴|千葉大学大学院へ進学しNTTドコモで研究!https://note.com/hinako_gender/magazines

東北大学卒業後は千葉大学大学院人文社会学科に進まれたそうです。

その時点で若干二十歳!

「社会学者」に繋がりそうな文字列が出てきましたね。

ここで一度、松本さんのTwitterアカウントに記載されている経歴を確認してみましょう。

松本妃奈子の学歴|千葉大学大学院へ進学しNTTドコモで研究!https://twitter.com/hinako_gender

17歳で大学に入学した後に修士を取得とあります。

修士というのは一般的に大学院で二年間の修士課程を修めると得られる模様。

20歳頃で大学院に入られ、そこから二年間の修士課程を経て、修士を得たころには22歳前後ということになります。

その後松本さんは博士課程に進まれたんですね。

この時には、2つの論文を発表されているようです。

  • 2015年 「主婦化」問題を概観する
  • 2021年 現代日本における「パパ活」の進展と性の非対称性の検討 : イアン・ハッキング Grade of commitment 適用の試み

それと同時に松本さん、NTTドコモでサイバーセキュリティの研究開発に従事されていた模様!

社会学者と……サイバーセキュリティの研究?

あまりつながる印象はありませんよね。

聞くところによると、松本さんは高校や大学では理系の勉強をされていたようで、社会学などの「文系専門」というわけではなかった様子。

入試が理系とのことですから、寧ろある時期までは理系の勉強が中心だったのかもしれません。

このドコモでの勤務においても、松本さんは自身の実力を遺憾なく発揮し、「社長賞」を受賞されたのだとか!

松本妃奈子の学歴|千葉大学大学院へ進学しNTTドコモで研究!https://www.instagram.com/

Instagramにもその旨が記されていますね。

大学院での勉強をこなしながら、大企業で結果を出すなんて凄い!!

しかし、Instagramの前後の文にも書かれているように、松本さんは主に自身の性別が原因で苦い経験をされることもあったようで。

「素敵な人に囲まれ恵まれた環境で働けた」一方で

「自分の発言力をつけて性別や人種といった属性が原因で人が不利益を被ることのない、優しい世界に貢献していきたいと思っている」と書かれています。




松本妃奈子の経歴|現在は社会学者!

松本妃奈子の経歴|現在は社会学者!https://25study.com/batiera-ninki/

そんなわけで、現在の松本妃奈子さんは社会学者として活躍中!

主に性別に関わる部門を専門とされています。

これまでも自身の才や努力によって勉強や仕事において素晴らしい実績を積んできた松本さん。

一方で「女である」ということから正当な評価を得られなかったと感じ、

性別による不利益を被る人が少なくなる、いなくなるように活動されているんですね(性差別の根絶、というニュアンスでしょうか?)。

社会学、と一口に言うと幅広く聞こえますが、松本さんの分野はそういったところにあるんですね。

ところで、プロフィールに記された松本さんの専門分野の中には「結婚」の文字も。

それって、「バチェラー」という番組とも密接に関わるものでは?

松本妃奈子の経歴|現在は社会学者!https://twitter.com/hinako_gender/status/1445959219467862024

なんと過去にはバチェラーという番組を「嫌煙していた」とまではっきり語った松本さん!

社会学者として彼女が番組内で何を語るのか……

注目するべきは、恋愛模様だけではないのかもしれませんよ!




まとめ

今回は松本妃奈子さんについての紹介でした。

バチェラーシーズン4の配信開始まで、あと約一か月!

昨年は性別逆転版の「バチェロレッテ」が配信されたため、純粋な「バチェラー」の配信は二年ぶりとなります。

そのため、いつにもましてファン待望の新シーズン。

今回はどのような恋愛サバイバルが繰り広げられるのか、開幕の時を楽しみに待ちましょう!

バチェラー4まとめページ|出演者の気になる噂やネタバレ匂わせなど!